伝え方が9割

「間に合いそうにないので納期を延長してほしい」

「クオリティを上げたいのでもう少し粘ることはできませんか」

同じ事柄でも違う伝わり方ですね。

ということで、また本を少し紹介します。

相手に響く強いことばとして

ギャップ法とクライマックス法というものがあります

ギャップ法は、あなたが好きですという言葉を あなたを嫌いになりたいけど好きだといえばより響きます。

クライマックス法は、ここだけの話だけど・・・とか これだけは覚えてほしいですが・・とか 前置きに持ってくるだけで次の言葉が強まります。

伝え方ひとつで伝わり方が違うというのは 日本語の面白いところですね!

0回の閲覧

© 2018 by Stretch Salon Loop. 

高知市与力町6-17

エレガンスコーポクスノセ

TEL: 050-5438-5013​ 

営業時間 10:00~22:00

​不定休